HOME   >  太陽光発電について   >  太陽光発電のメリットとデメリット

太陽光発電のメリットとデメリット

メリット

【枯渇の心配がないエネルギー】
エネルギー源が太陽光であり、化石燃料を燃焼させて発電する火力発電と違い、枯渇の心配がないエネルギーです。
【クリーンな発電】
化石燃料を燃焼させないため、二酸化炭素(CO2)の発生がほとんどなく、地球温暖化防止に貢献します。
【メンテナンスが容易】
構造がシンプルであるため、他の発電システムに比べてメンテナンスが 容易であり、設備の故障が少なく、太陽光パネルは20年以上の寿命が期待されます。

デメリット

【時刻や天候で出力が変動】
日射に応じて発電するため、不規則に出力が変動し、夜間は発電しません。
【広大な土地が必要】
他の発電システムと比較して、発電電力量あたりの土地使用面積が広大になります。